水曜は宇宙的迷子。
2011-11-30 Wed 23:59
僕が日本人ドラマーで一番
好きな(うまいじゃなくてね)人。

それは中村達也だ。
彼の奏でるドラムは本当に表情
豊かで
知らない曲でも
達也が叩いてならなんとなくわかる、
、、

ってのはなかなか大げさだけど
彼のドラムプレイ、
そしてキャラクターに惚れ込んだ
僕の青春時代( ´ ▽ ` )ノ

そんな中村達也氏のソロ活動、
LOSALIOS(ロザリオス)ってバンドの
HIT MANって曲↓
http://www.youtube.com/watch?v=J2E_dNP3G6I&feature=youtube_gdata_player



結構古い映像だけど
ジャックナイフみたいに鋭い
演奏はヤバイ。
あと若かりし頃の武田真治の
サックスがまぢかっこいい(笑)

このバンドは基本インスト(歌なし)
なんだけどまるでジャズを聞いてる
感覚でロックの荒々しさが
体験できる素晴らしいバンド。

大好き( ´ ▽ ` )ノ

で、
そんな中村達也氏がメンバーで
一番有名なバンドと言えば、、、
誰がなんと言ってもやっぱり

ブランキージェットシティーでしょ。

http://www.youtube.com/watch?v=_rzpPpoh8q4&feature=youtube_gdata_player



メンバー3人のバンド構成最小人数で
ものすごくタイトなのに物足りなさは
まったくない演奏力、表現力、
そして
ボーカル&ギターの
浅井健一の演奏、歌、歌詞、世界観が
大好きで大好きで仕方ありません。
ちなみに彼の愛称は

ベンジー

あの椎名林檎氏の丸の内サディスティックって曲に
出てくる

ベンジーが肺に~♪

のベンジーは彼のことだ。
椎名林檎氏も浅井健一の大大ファンで
自分の曲でギターを弾いてほしくて
デモテープとファンレターを送った
のは有名な話。
ちなみにその後ベンジーがギターを
弾いたのが椎名林檎氏の

罪と罰

って曲なんだよね~。

音楽業界のこーいう人間関係って
ファンからしたらたまらないのです。

興味があったらぜひ。
どーも皐月です。

ちなみに上記の記事は
モディファイに対抗している
わけではありません。

いろいろとネタを先取りされてしまったので酉の市の話はやめましょう。
店まで巨大熊手担いで持って帰ることになりスーツが超汚れたのは全然いいんだけど、、、

次の次の日目覚めたら両肩がまぢ
筋肉痛になってたことはほんとに
凹みました(苦笑)


ということで僕は先日営業後に
TOP DANDYで行われた
テーブルマナー講習について。





我がTOP DANDYは定期的に
リーダー講習みたいなセミナーに
加えテーブルマナーの講習まで
やらせてくれるのです!

外部からその道のプロを招いての
講習会はなんとTOP DANDYで
フレンチの実食まであるという
豪華な内容。




ただし、
時間がみっちり四時間くらいあって
若干営業後の酒の入った体は
悲鳴をあげてましたが(泣)





この招いた講師の方がまた素晴らしい
方で、
僕が営業後の店のソファーで
ベロぉんって寝てたら

『そろそろ始めますよ皐月さん。』
「あ、はい。」

ん?!
始めてお会いしますよね!?
なぜ僕の名前を?

『はい、今日お会いする方々のブログをひととおり拝見させていただきましたので。皐月さん、いろんなところに行かれてて素敵ですね。』




、、、感動しました。
この人は今日という日の為に全力を
尽くしてきてくれてる方なんだ。
人生一期一会ってこーいうことなのかなと。
人は自分を理解しようとしている
人間に好意を示すものなんだなって
感じさせてくれました。





こりゃ
適当にはできないぞ。
真剣にやらねば。
ってなるもの。
勉強になりました。

テーブルマナーは今回は
フレンチレストランでのお作法。

先生曰く
『マナーに縛られ過ぎてガチガチになってしまい、結果楽しめないのはよろしくない。でもマナーを外す時にそれを知っててわざと外すのと知らないでただ間違ってるのとでは人間としての深みが違うとのこと。』

やっぱり何事も基本が大事なんですね。
こんなめんどくさいのいいやって
頭から毛嫌いする前に
やっぱ何事もまずやってみるって
姿勢を忘れたくないものです。





ちなみに講習の中で

マナーとエチケット違い

なんていう内容のものがありました。
なんだかわかりますか?





先生曰く、

エチケットはその場所で守らなければいけないルール。
例えば美術館の廊下で立ちションをしてはいけないって看板がたってたり
みたいなね。

そしてマナーっていうのは一言で言うと

おもいやり


心使い


同じ時間、同じ場所、同じ感動
を共有するにあたって
相手も含め、
周りの人間を不快にさせない、
いわば動物と人間の決定的な違い、
周りを気遣える心の現れを
マナーと呼ぶそうだ。


そんなの
フレンチレストランに限らず
いろんな場面で出会いますね。
場所が変わればまた違うマナーが
あって、でもそれは自分以外の
人間にも不快を与えないで
喜びを共有しようという動物とは違う、
人としての優れた部分だと感じました。



それはつまり、
まさにホストクラブのことだなと。

僕らだけ楽しむ接客は
動物と同じだと思います。
やっぱり女性ももちろん周りの人間
と喜びを共有できるような店で
TOP DANDYは常にありたいなと。

マナーに溢れたTOP DANDY、
貴女のご来店をお待ちいたしております。



(出来れば皐月指名でw)(小声)
(笑)


最後に、
株式会社 WILL62の
大久保 直子先生、
素敵な講習本当にありがとうございました。


次はもっと難しいイメージのある
懐石料理のマナーなんか学びたいものです。

では(^O^)/



別窓 | 水曜は宇宙的迷子。 | コメント:1 | トラックバック:0 
| さっちゃんは宇宙的迷子なのに。 | NEXT